トップページ > 耳よりだより > <お料理のコツ> vol.05 調理時間を短縮する炊飯器クッ・・・

耳よりだより

<お料理のコツ> vol.05 調理時間を短縮する炊飯器クッキング

 

 

140717_cfck_cooking02
 炊飯器に材料を入れてスイッチポン。ご飯とおかずを同時に作る“炊飯器クッキング”は調理時間の短縮だけでなく、省エネ効果もバツグンで光熱費の削減にもつながります。また、スイッチを入れたら火加減を見る必要もなく、空いた時間を他の用事や家事などに有効活用できるといった利点もあります。
  そこで、クラッシー・ファミリーコンシェルジェ関西から、できあがりまで手間いらずの炊飯器レシピをひとつご紹介します。釜全体に均等に熱がかかるので、焦げ付いたりする心配もなくおいしく出来上がりますよ。

 

★トマトピラフ+味付きチキン(1人分)

<トマトピラフ>140717_cfck_cooking
米1合を普通の水加減で内釜にセット。
その上にミニトマト6~8コ、刻んだタマネギ、むき海老や短冊切りにしたベーコンを入れて、塩、コショーをする。
味付きチキン>
アルミホイルにジャガイモ(1/2コ)輪切りにした ものをのせ、塩コショーした鶏のもも肉(80gそぎ切り) を重ね、上からマヨネーズ+マスタード適量を合わせたものを塗って包み込む。

②の上に③をのせて、炊飯器のふたをしてスタートキー を押す。
炊き上がったら、アルミホイルを取り出しご飯を混ぜ合わせる。
ご飯とチキンを器に盛る。


②や③の材料は、冷蔵庫の残り物を色々アレンジしてみるのも楽しいかもしれませんね。

 
省エネでスピード調理、炊飯器クッキングはとても簡単でアレンジも自由ですので、是非、一度試してみてください。

 

クラッシー・ファミリーコンシェルジェ関西のお料理サービスはこちら

 

お料理サービスってどんなもの?体験レポート(食×ココロ)はこちら—>リンク

クラッシーのお掃除・お料理サービス詳細はこちら—>リンク

耳よりだよりのトップに戻る