トップページ > 耳よりだより > 手づくりの魔法のほうき“Broom Cleaner”でお子さ・・・

耳よりだより

手づくりの魔法のほうき“Broom Cleaner”でお子さまのお掃除デビューを後押ししませんか!?

bloomcleanertop みなさまのお宅では、お子さまが家事のお手伝いをしてくれていますか? 「お手伝いどころか、遊んだあとのおもちゃも片づけない」と、嘆くお母さまが多いかもしれませんね。でも、お子さまがお手伝いをしないのは、お母さまがすぐに手を貸してしてしまうことも理由のひとつだといいます。

お子さまのお手伝いは、習慣化させるのに時間がかかるので、お母さまには忍耐が必要です。忙しいお母さまにとって、余裕を持ってお子さまを見守ることは、そう容易いことではないでしょう。でもお手伝いには、お子さまの責任感や自立心が育つなど、さまざまなメリットが期待できるため、ぜひとも習慣化させたいですね。そこで今回は、お手伝いをやる気にさせるポイントや、お子さまが特に苦手とするお掃除と楽しく向き合うための手づくりグッズをご紹介します。

■お子さまをやる気にさせる、ココがポイント!

お子さまにお手伝いをさせるには、子ども目線に立った導きが重要です。以下のポイントを参考に、お子さまのやる気を引き出してあげましょう。

①命令ではなく、「一緒にやろう」と誘う

命令ではなく「お手伝いしてくれる?」と、依頼するように声がけしましょう。まずは「ママとやってみない?」と一緒に始めれば、親子のコミュニケーションも深まりますよ。

②取り組みやすいことから始める

お子さまが簡単に始められることからスタートしましょう。その際、「どうすれば楽しくやれるか」「飽きさせないためにはどうしたらいいか」といった点も心配りしましょう。

③タイミングをはかる

お子さまが遊んでいるとき、何かしようとしているときに、お手伝いを依頼してもなかなかやる気になってもらえません。お子さまに聞き入れる体勢が整っているか確認することも大切です。

④感謝の言葉を忘れない

お手伝いが終わったら、感謝の気持ちを表わすと、お子さまは「またがんばろう」という気持ちになります。その際は「ご苦労さま」という上から目線ではなく、「ありがとう」というお礼の言葉で伝えましょう。

■道具を上手に使って、やる気を引き出そう!!

お手伝いをさせる際は、使う道具にも気を配りたいところ。お子さまにとって使いやすいサイズか、さらには使って楽しい道具かどうかも、お子さまのやる気に影響します。そこで今回は、お子さまのお掃除デビューにぴったりの、魔法のほうき“Broom Cleaner(ブルーム クリーナー)”をご紹介。身近な材料で簡単に手づくりできるこのほうきは、静電気により細かいホコリが取れるので、机周りや飾り棚のお掃除などに大活躍します。簡単にできるので、ぜひ親子でチャレンジしてくださいね。

<Broom Cleaner の作り方>

[用意するもの]
わりばし、毛糸、厚紙、マスキングテープ、はさみ
用意
[作り方]

%e6%89%8b%e9%a0%86%ef%bc%911. わりばしにマスキングテープを巻いてデコレーションします

 

 

 

 

%e6%89%8b%e9%a0%86%ef%bc%922. 10~15cm程度の幅に切った厚紙に毛糸を100~200回巻き、カットします

 

 

 

 

%e6%89%8b%e9%a0%86%ef%bc%933. わりばしの太い方に毛糸をつけて、わりばしと毛糸をしっかりと結びます

 

 

 

 

%e6%89%8b%e9%a0%86%ef%bc%944. 毛糸を折り返して固定し、裾を切りそろえたらできあがり!

 

 

 

 

今回ご紹介したBroom Cleanerは、クラッシー・ファミリーコンシェルジェ関西のグループ会社が運営している「おうちde保育ステラ」のイベントでも親子で制作していただいたところ、「お手伝い習慣が身に付いた」というお声をたくさん頂戴しています。たとえばこうしたアイテムなども上手に使って、お手伝い体験をたくさんさせてあげてくださいね。ちなみに、このBroom Cleanerは、「想像以上に便利!」と大人の方からも大反響をいただいています。お父さまの仕事場でも役立ちそうですので、ぜひ親子で手づくりして、プレゼントしてはいかがでしょう。

●「おうちde保育ステラ」については、こちらをご覧ください。

耳よりだよりのトップに戻る