トップページ > 耳よりだより > 夏の暑さから猫ちゃんを守ろう! ペットの熱中症予防・・・

耳よりだより

夏の暑さから猫ちゃんを守ろう! ペットの熱中症予防

ペットの暑さ対策_トップいまや空前の猫ブーム。ネットの猫動画や、猫が登場する映画やドラマ、CMが話題を集め、猫の写真集をはじめとした猫グッズも、好調な売れ行きだとか。そうしたブームの影響もあり、猫を飼い始める人がいま増えているそうです。
一日の大半を寝て過ごす猫は、飼い主さんが留守の間もへっちゃら。1〜2日程度の旅行なら、家で留守番させても問題なく過ごせるようです。ただ、猛暑続きのこの夏は、家のなかの危険指数が上昇。比較的暑さに強いといわれる猫ですが、最近は熱中症にかかることもあるそうです。そうした危険から守るために、今回は猫のための暑さ対策をご紹介します。

◆猫ちゃんの熱中症予防、ここがポイント!
もともと暑さに耐性があるといわれる猫。しかし、室内で飼われている猫はうまく体温のコントロールができません。また、品種改良により、耐性が低下している猫も多いとか。夏場に家を留守にする際は、しっかり暑さ対策をしてから出かけましょう。
① エアコンで室温を下げる
猫が快適と感じる温度は26〜28℃。挿絵1日の当たる部屋、閉め切った室内には、エアコンは必須です。28℃を目安にエアコンを使いましょう。猫は湿気も嫌うので、蒸し暑い日はドライ運転にするといいでしょう。
②  カーテンで直射日光を遮る
直射日光が当たると部屋の温度が上がるので、外出の際はカーテンを閉めましょう。遮光カーテンであればさらによし。冷房効果もアップするので、エアコンを使う際は電気代の節約にもなりますよ。
③  部屋を開放し風通しをよくする
猫は快適に過ごせる場所を探すのが得意です。なかでも、お風呂場、フローリングの部屋、玄関などは、猫が好む涼しい場所。お出かけの際は開放してあげましょう。ただし、防犯対策は入念に。網戸にしておく場所は、やんちゃ盛りの猫の場合、破って外に出てしまうこともあるので注意が必要です。お風呂も事故防止のため、バスタブのお湯は全部抜いておきましょう。
④  暑さ対策用グッズを使う
冷却ジェルや保冷剤が入ったクールマット、挿絵2大理石マットなど、暑さ対策グッズを部屋の日の当たらない場所に置きましょう。ただし、ジェル入りマットは、引っ掻いて破る恐れがあるので、爪を切っておくこともお忘れなく。アルミ製の鍋なども、狭いところが好きな猫にピッタリのアイテムですが、アルミは熱伝導が高いので、使用の際は直射日光が当たらない場所に設置しましょう。
⑤  水飲み場所を多めに作る
夏場は猫も脱水症状になりがちです。ふだんより飲み水を多く用意し、量が足りているか目配りしましょう。また留守にする際は、水が飲める場所をいつもより多めに作りましょう。猫は涼しい場所を見つけたら、そこから動こうとしないため、できるだけ猫の行動範囲内に設置しましょう。

言葉を発することができないペットを熱中症から守るには、細かな目配りが大切です。猫の場合、夏場にグルーミング(毛づくろい)ばかりしているのは、自分の舌で毛を濡らし、気化熱で体を冷やそうとするためともいわれます。また、オシッコの量が少ないときは、脱水症状を起こしている可能性があります。気になる様子が見受けられれば、熱中症である可能性も視野に入れながら、注意深く見守りましょう。
こうして入念に対策を講じていても、留守中、ペットが元気かどうか、どうしても気になりますね。そうした不安を解消するために、たとえばペットシッターをご利用になってはいかがでしょう。「クラッシー・ファミリーコンシェルジェ関西」では、留守宅のワンちゃん・猫ちゃんが、健康・快適に過ごせるよう、飼い主さんに代わって、きめ細かにサポートいたします。ご旅行やご出張、さらには病気やケガでペットの世話ができない…という場合も、どうぞお気軽にご相談ください。安心してお任せいただけるよう、経験豊富なスタッフがこころをこめてお世話いたします。

挿絵3
●「ペットシッター」について、くわしくはこちらをご覧ください。
http://family-concierge.co.jp/service/clean.html

耳よりだよりのトップに戻る