トップページ > 耳よりだより > 窓や網戸がラクラク・キレイに! 男性にお勧め! ワザありお掃・・・

耳よりだより

窓や網戸がラクラク・キレイに! 男性にお勧め! ワザありお掃除テクニック

2016.06.23_CFCK_男女共同参画週間(網戸掃除)_トップ毎年6月23日から29日までの1週間は「男女共同参画週間」です。「男女共同参画社会基本法」の理解を深めることを目的に、1999年6月23日、内閣府などにより定められました。内閣府が毎年行うキャッチフレーズ募集では、2016年は「意識をカイカク。男女でサンカク。社会をヘンカク。」というキャッチフレーズが選ばれています。
働く女性が増えたいま、男性が家事や育児をすることは、女性の活躍を支えるうえでもとても大切なこと。ただ、家事や育児にどのように関わっていけばいいか戸惑う男性が多いかもしれません。
そんな場合は、まずは男性の得意分野の家事からやってみてはいかがでしょう。たとえば、家事のなかでも時間や労力のかかる窓や網戸のお掃除。特に網戸は汚れが見えにくいため、掃除を後回しにしがちです。でもホコリがたまって目詰まりすると、お掃除がよけい面倒になります。窓掃除も、けっこう体力を必要とするので、苦手な女性が多いようです。
そんな面倒な窓・雨戸のお掃除は、プロのちょっとしたコツを身につければ、ラクにキレイに行えます。今回は男性にお勧めのワザありお掃除テクニックを、お掃除サービスを手がけるコンシェルジェがご紹介します。

■洗剤を使わなくてもピカピカになる!窓拭きのコツ
窓拭きには特別な道具が必要と思われがちです。でも必ずしもそうではありません。たとえば窓拭き用洗剤は、使うと窓ガラスに油膜ができ、汚れを付着させる原因になることもあります。手早く窓拭きを行うには、洗剤を使わないのがポイント。雑巾で水拭きした後、グラスを磨き上げる要領でていねいに乾拭きすれば、拭き跡が残ることなく窓がピカピカになります。キレイにお手入れしていると窓は長持ちしますし、何より毎日が気持ちよく過ごせますよ。
<こんな汚れもお見逃しなく!>
意外と汚れがたまっているのが、鍵の隙間や、窓ガラスの四隅。筆や竹串を使うと、隙間の汚れが上手にかき出せますよ。
2016.06.23_CFCK_(窓ガラス掃除)

■メラニンスポンジで、網戸を簡単キレイに!
網戸を目詰まりさせないためには、定期的に拭き掃除することが大切。床掃除に使用するワイパーとシート(ウェットタイプ)を使えば、手軽に行えてサッときれいになります。また、メラミンスポンジ(※)を使うと、水だけで網戸をキレイにできます。上から下へ力を入れず、ス〜ッとなぞるように拭いていくのがコツです。力を入れすぎるとスポンジがボロボロ崩れ、目詰まりの原因になるので注意しましょう。両面から同時に拭くと力が均等に加わるため、網戸が傷むのを防げます。
※メラニン樹脂が原料のスポンジ。洗剤を使わず、少量の水を含ませこすると汚れが落とせます。
<目詰まりがひどいときは…>
網戸の目詰まり汚れがひどい場合は、拭き掃除の前に掃除機で汚れを吸い取りましょう。新聞紙や段ボールを吸い取る反対側の面に張り付けると、吸引力が増し効率よく汚れを取り除けます。
2016.06.23_CFCK_(網戸掃除)

■窓レール掃除の基本は、ゴミを溜めないこと
窓レールはゴミが溜まりやすく、風とともに汚れが室内に入ってくるので、こまめに掃除しておきたいところ。窓レールは床の一部なので、ゴミをこびりつかせないためにも、床掃除のついでに行う習慣をつけましょう。掃除機のノズルをブラシに変えれば、かき出すようにして隅々までゴミが取れます。
<こびりついた土汚れには…>
窓レールにこびりついた土汚れは、水分でふやかして取りましょう。ペットボトルに水を入れ、レールを濡らし、古い歯ブラシなどで汚れをかき出します。百円ショップなどで売られている、ペットボトルに取りつけられる掃除用ブラシを使うと、ゴミをかき出しながら水洗いできて便利です。終了後はレールに潤滑油を塗っておけば窓の開閉もスムーズになりますよ。
2016.06.23_CFCK_(窓レール掃除)

大変と思われがちな窓や網戸のお掃除ですが、ちょっと工夫するだけで、意外と簡単にすますことができそうです。そうした場所のお掃除は、ご主人が担当してあげると、奥さまも大いに助かりますね。ただし、忙しい日々にあって、掃除に時間を割く余裕がない方も多いことでしょう。そんなときは家事代行サービスがお役に立ちます。クラッシー・ファミリーコンシェルジェ関西では、大がかりな掃除から細かい作業など、さまざまなお掃除ニーズに対応しています。家事を分担するだけでなく、ときにはこういうサービスを利用しながら、どうぞゆとりある毎日をお過ごしください。

●お掃除サービスについて、くわしくはこちらをご覧ください。
http://family-concierge.co.jp/service/clean.html

耳よりだよりのトップに戻る